PHPゲームを作りながら学ぼう!

広告
exitとreturn

exitとreturn

exitはその場でプログラムを終了させます。 eixtに似たdie()関数は引数に文字を取り、その文字を表示して終了します。 returnは関数などで値を返すのに使用します。 returnについてはユーザー定義関数で詳しく説明します。

foreach文 – 繰り返し

foreach文 – 繰り返し

foreach文は配列を処理する能力に優れています。 配列については後に説明致しますが、ひとつの変数に複数の値を紐づけることができる便利な箱とでも覚えておいてください。 配列を作るには関数array()を使っても生成することができます。 f …

for文 – 繰り返し

for文 – 繰り返し

for文はwhile文に似ていますが、ちょっとだけ複雑になっています。 ただ決まった回数実行や、規則的な数字をもちいて繰り返すのにはもってこいの構文です。 for文は次のような構文になっています for ( 初期値; 条件; インクリメント …

do~while文 – 繰り返し

do~while文 – 繰り返し

do~while文はwhile文に似ていますが、必ずdoの内部を1度は実行するという点で異なります。 while文の条件がfalseであってもです。 do {     文 } while ( 条件 ) 上記のように書きます。 あまり使われる …

while文 – 繰り返し

while文 – 繰り返し

while文は繰り返し処理の中で、最も単純です。 while ( 条件 ) {     文 } 条件にマッチすれば文が実行されます。 while文は単純に条件がtrueならfalseになるまで実行し続けます。 ですので、条件は必ずいつかfa …

switch文 – 条件分岐

switch文 – 条件分岐

変数の値によっていくつか条件分岐したい場合があります。 そのときはswitch文を使います。 switch文はcaseで評価し、breakが指定されるまで文を実行します。 例えばif文でメラ、メラミ、メラゾーマの条件分岐をswitch文で書 …

if文 – 条件分岐

if文 – 条件分岐

if文は条件を満たす時、文を実行します。 if ( 条件 ) 文 文が複数存在する時は、波括弧({})を使います。 if ( 条件 ) {     文 } 例えば、ある数を割ったとき余りが出なければ処理を行うという場合、次のように書きます。 …

広告