PHPゲームを作りながら学ぼう!

広告

現在新パズルゲームっぽいのを作成中です(2018.06.03)。

広告
Pocket

変数のスコープとは、変数がどこまで使用できるかという範囲のことです。
変数のスコープは、変数が現れた場所によって異なり、そのスコープはひとつだけ有しています。

変数のスコープは、ローカル・グローバル・スタティックなどのスコープが存在しています。

 

1.ローカルスコープ

関数の内部で宣言した変数は、その関数内のみで使用可能です。
関数の外部からその変数にアクセスすることはできません。
さらに通常では、関数の外部で宣言した変数を、関数内部で使用することはできません。

下記のような場合、$counterは関数内と関数外で異なることが分かります。

ローカルスコープは関数内だけで使える変数を指します。

 

2.グローバルスコープ

関数外で宣言した変数はグローバルスコープになります。

つまり、変数を宣言したところから、関数外であればプログラムのどこからでもアクセス可能なわけです。

関数内でグローバル変数を使いたい場合は、キーワードglobalを使用すると、関数内であってもグローバル変数を使うことができます。

 

3.スタティック変数

関数はその関数の使用が終わると変数の値が破棄されます。
しかし、スタティック変数ならば関数の使用が終わっても値を保持します。
スタティック変数は最初に呼び出されたときにのみ初期化します。

スタティック変数は関数内でしか使用できません。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA